五重塔と寺カフェで有名な基山町の本福寺に初詣へ行きました!

※1/2初詣 昼過ぎはピークを過ぎ駐車場にも5〜6台の車のみ。

例年、初詣はピークを過ぎた成人の日以降に家族で行っていました。

しかし、2020年は結婚して初めての妻と過ごす年末年始。

今まで一度もいったことがない”元旦の初詣”へ行くことにしました!

どこに行こうか決めかねていると、隣町でこんなポスターを発見。

鳥栖駅前のフレスポ2階で発見

 

よし!本福寺へ元旦に初詣に行って、初日の出を見るぞーーーー!!

と意気込むも大晦日に寝るのが遅くなってしまい、結局、元旦は初詣行かず…。

元旦は実家で家族と過ごし、2日に行くことに決めました。

 

スポンサーリンク

地元民が道に迷う

基山に住んでかれこれ27年以上。

大体の場所はわかるけど、念のためにグーグルマップで”本福寺”を検索。

”Googleマップあるある”かも知れませんが、トンデモナイ細い道へ誘導されました。

危険と判断し、仕方なく引き返すことに…。

 

ここで機転のきく妻が本福寺HPからルート案内の動画を探してきてくれました!

この動画は分かりやすいので、一度見ておくと良いです。


 

ダチョウ!?いやエミュー!

ルート案内通りに行くと、何やら鉄柵が見えてきました。

も、もしや、これは…。

ダチョウ!?

いやエミューだ!!

 

車を停めて少し観察。

いくつかの柵に分かれており、小さいエミューから大きなエミューまで。

エミューに感動していると、なんと本福寺の駐車場にも2匹いました!!

愛くるしいエミュー発見

 

エミューの存在は前から知っていました(笑)

2019基山ふれあいフェスタではエミューの実物大を見たり。

基山2019年ふれあいフェスタに家族4人で行ってきました!
佐賀県の基山町役場周辺で開催される12月の恒例行事。自然・食と文化・交流の3つのテーマで行われる大規模なお祭り。創作劇、エミュー、無添加味噌、燃料電池車、知人との再会など予想以上に面白かったです!

基山ひとづくり大学の1限目で地域おこしの鳥と聞いたり、

基山町の特産品エミュー事業:きやま人づくり大学2019【1限目】
夫婦で1限目に参加!基山の特産品として売り出している”エミュー”。インパクトだけではないエミューにした理由とは?エミューは捨てる所がなく、高タンパク・低カロリー・高鉄分で美容にも良い?

基山の一福食堂ではエミューを食べて見たり。

基山の旬の食材とエミュー料理が食べれる!地域に愛される一福食堂
創業30年以上の地元で愛されている食堂ですが、2014年2月に火事で全焼という悲劇に見舞われます。再開するかどうか迷ったそうですが、「心和む場所に」という女将さんの想いから再開!地元の食材を使ったランチやディナー、エミューを使った料理も楽しめます。夜になるとおつまみ系もあり。

 

ただ、生きているエミューを見るの初めて!

家族みんなで大興奮。きっと子供がいたら喜ぶはず。

本堂

ちょっと見ただけでたじろぐような長い階段を登って到着。

60代の母はぜえぜえ息を切らしていました。

しかし、そんな疲れも吹っ飛ぶ絶景。

※写真よりも実写は何十倍も感動します。

基山町が見える絶景

手を洗ってさっそくお参りします。

あると助かる作法の図

 

後から詳しく調べて見たのですが、九州最大級の本堂だそうです!

そして、四季折々の風景も楽しめます。

  • 梅の花(1月~3月)
  • 桜(3月~4月)
  • つつじ(4月~5月)
  • モミジ(11月中旬~下旬)

九州最大級の本堂

 

本堂の壁に何やら動物(?)たちが12種類も彫ってありました。

「これは何だろう!?」

家族みんなで釘付けになって、アレコレ議論。

勘の鋭い人はこの秘密に気づくかも知れません…。

ぜひ、実物を見て確かめて見てくださいね♪

様々な動物の絵柄1

様々な動物の絵柄2

 

本殿を後に目と鼻の先にある五重塔まで行きます。

途中で鐘をついてみたり、記念碑や七福神像に遭遇。

鐘をつく

立教100年記念碑

七福神

五重塔のすぐ下で寺カフェをやっているようです。

御朱印受付を待つ間、カフェを飲んで待つ方が多いとか。

週末にぜひ行ってみたいものです。

寺カフェは週末のみ営業

五重塔

子どもの頃からずっと基山(きざん)の中腹に見えていた景色。

ようやく間近で見ることができました。

基山町にこんな立派な五重塔があるだなんて。

しかも、西日本最大級の五重塔だそうです!!

灯台下暗し。

ぜえぜえ言いなが登ってきた階段でしたが驚くべき事実が発覚。

なんと一番上まで車で行けるようになっていました!

この階段は80代の祖母には難しいねと話していたのですが大丈夫そうです。

本福寺HPより引用:境内の案内図

おまけ:駐車場までの帰り道にこんなものを発見。

猪用の罠?

 

ハイライト

営業時間・アクセス

光明念佛身語聖宗 総本山 本福寺

〒841-0204 佐賀県三養基郡基山町宮浦2120

入場時間 9:30~16:00

 

コメント